成長の変化を見せてくれる娘のお話

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

私には小学生の11歳の娘がいるのですが、娘は昔からとても人懐っこい性格と言いますか、淋しがり屋と言いますか、とにかく何をするにも、「誰かに一緒にやってほしい」と甘える感じで誘ってくるタイプの子どもでした。
ですが、やはり今現在小学5年生、思春期でもありますので段々とその性格にも変化が見えはじめました。
例えば、自分のやりたいことは一人でやってみるという意思が芽生えたようで、昔だったら自分の欲しい物をお買い物したいときは必ず私に「一緒に行ってオーラ」を出していたのですが、最近ではそういった親に一緒にやってほしいというオーラは出さなくなり、自分だけで近所まで自転車を走らせて行ってみたり、自ら積極的に学校のお友達を誘って付き合ってもらってみたりするようになりました。
これはとても良いことでもあるのですが、正直言いますと、やはり親としてはどことなく淋しいような気分にもなります。
しかし今後はもっと親から離れ、お友達とばかり遊んで家にいる時間も減ったり、恋なども当然していくと思いますので、そこは慣れるしかないです。
何だか若干親バカなお話です。
(笑)ただ、今でも変わっていない部分もあります。
それは、好きなお笑い芸人さんのタイプです。
(笑)どうやら笑えるツボが同じみたいで、そこだけは相変わらず一緒に漫才を見ては笑っています。
まぁそんな感じで、かなり私事の「育児&親バカの近況」をお話しましたが、ここら辺で終わりにします。
以上、小学5年生になって、段々と(良くも悪くも)成長の変化を見せてくれる娘のお話でした。
全身脱毛 6回 効果